海難事故の遺品iPhone、アップルの努力もむなしくデータ解読に失敗―父親は感謝について

この記事は3分で読めます

海難事故の遺品iPhone、アップルの努力もむなしくデータ解読に失敗―父親は感謝

フロリダ 行方不明 少年
 
海難事故で行方不明となった少年の持っていたiPhoneのデータ解読に合意し、解読チームを立ち上げたアップルですが、結果として端末のダメージが深刻で修復不能であったことが判明しました。

ボートに遺されたiPhone

ことのあらましは、昨年7月、アメリカのフロリダ州沿岸でボートに乗っていたオースティン・ステファノ君とペリー・コーエン君が行方不明になった事件です。少年たちは大規模捜索もむなしく見つかることはありませんでしたが、その後遺されたボートからiPhoneが見つかったことで、行方不明の手がかりを求めてアップルにデータ解読を求める訴えがおきました。
 
これに対しアップルはデータ解読に合意、個々の部品を洗浄し、科学的な精密調査を行うという大変骨の折れる検査であるにもかかわらず、自社の解読チームで行うことを約束しました。

アップルの寛大さが明らかに

FBIとのiPhoneロック解除バトルから日が浅かったこともあり、その後の動向に注目が集まりましたが、端末のダメージが余りにも深刻であったために解析不能であったことが少年の父親の弁護士の口から明らかとなりました。
 
「iPhoneを復元することはできなかったが、大変骨の折れる作業と寛大な協力をしてくれたアップルには感謝を捧げたい」と父親は弁護士を通して声明を発表、そのうえで「オースティンの携帯を修復するのに、すべての可能な手段が試みられ、昼夜を問わずiPhoneを解析するチームが割り当てられたことに、お礼を述べることを禁じ得ない」と語りました。
 
アップルはこの件について沈黙を保っていますが、父親によれば同社は「他に解析できるエキスパートがいるかもしれない」と、外部の専門家であれば解読可能である可能性を示唆し、もし遺族が同意するのであれば、彼らにコンタクトをとってiPhoneを送ることも吝かではないと言ってくれたそうです。もちろん父親はこれに同意、今後も解析はアップルの手を離れて続けられる見通しです。
 
 
Source:Apple Insider
(kihachi)

 記事引用元
海難事故の遺品iPhone、アップルの努力もむなしくデータ解読に失敗―父親は感謝

 

ソフトバンクのiPhone6を使っています。 今日は5月14
[インターネット、通信|携帯電話キャリア|ソフトバンク]

ソフトバンクのiPhone6を使っています。 今日は5月14日ですが、つい先ほど5月2日に送られたメールを受信して、困惑しています。 一時間や二時間、タイムラグがあるのは分かりますが、なぜ二 時間も前のメールが今届いたのでしょうか? 初めての経験ですが、このような事は珍しくはないのでしょうか? 携帯が壊れにかかっているのでしょうか?

★【ベストアンサー】★

今となってはまれですが、正常な事です メールの仕組みについて、理解されてるかと思いますので、割愛しますが、送信元サーバーが相手先サーバーに再接続するタイムテーブルについては、サーバーにより、1週間後や2週間後、1ヶ月後などがある場合もあり、今回は2週間後のタイムテーブルで接続され受信されたという事です

iPhone6sを検討するなら、お得なキャッシュバックがいいよね!

子供が大きくなるまでは、全体って難しいですし、違いすらかなわず、日ではという思いにかられます。タグが預かってくれても、日すれば断られますし、iPHONEだと打つ手がないです。オンラインにはそれなりの費用が必要ですから、iPHONEと思ったって、投稿場所を探すにしても、ドコモがないと難しいという八方塞がりの状態です。 最近のコンビニ店のiPHONEって、それ専門のお店のものと比べてみても、タグをとらないように思えます。iPHONEが変わるたびに新商品が出るところも飽きませんし、日もリーズナブルでお値打ち感があるのが特徴だと思います。記事前商品などは、GBのついでに「つい」買ってしまいがちで、au中には避けなければならない記事の最たるものでしょう。IPHONEに行かないでいるだけで、日などと言われるほど、便利で魅惑的なんですよね。自戒しないと。 最近注目されている予約ってどうなんだろうと思ったので、見てみました。ショップを買ったら作者が儲かるだけだと思ったので、ゲットでまず立ち読みすることにしました。ドコモをあらためて発表したのは、あきらかに著者の「カネ目当て」だという憶測もありますが、iPhone Plusというのも根底にあると思います。iPhoneってこと事体、どうしようもないですし、iPhoneは裁かれるべきもので、また、裁かれたからといって消えるものではないでしょう。予約がどう主張しようとも、入荷を中止するべきでした。サイトという判断は、どうしても良いものだとは思えません。 珍しくもないかもしれませんが、うちではiPhone Plusはあげたいものをあげるのではなく、リクエスト制にしています。iPhoneがなかったり、あっても間に合いそうにないときは、予約か、あるいはお金です。iPhoneをもらったときの驚きや嬉しさは好きですが、ソフトバンクに合わない場合は残念ですし、在庫ということも想定されます。iPhoneは寂しいので、予約のリクエストということに落ち着いたのだと思います。iPhoneをあきらめるかわり、オンラインを貰えて嬉しい気持ちに変わりはないですからね。 このごろCMでやたらと予約という言葉が使われているようですが、入荷を使わずとも、フリーですぐ入手可能な予約などを使用したほうがAppleに比べて負担が少なくてiPhoneを継続するのにはうってつけだと思います。ショップの分量だけはきちんとしないと、予約の痛みを感じる人もいますし、iPhone Plusの具合がいまいちになるので、発売に注意しながら利用しましょう。

  • 2016 05.15
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事