Facebook、中国で商標権裁判に勝利―アップルとの明暗に「媚中だから」との疑惑について

この記事は4分で読めます

Facebook、中国で商標権裁判に勝利―アップルとの明暗に「媚中だから」との疑惑

facebook
 
北京市高級人民法院は8日、中国において「Facebook」の商標独占権問題で、Facebookを支持し、「臉書(face book)」の商標権を取得していた珠江飲料に否定的な判断を下しました。くしくも同様の裁判でアップルが敗北した矢先であるだけに、政治的圧力が関与したのではないかとする指摘が上がっています。

現地企業は伝統的な固有名詞だと主張

「臉書(face book)は非常に中国的なものであり、伝統的な歌劇にも出てくる」と話すのは、飲料メーカーである珠江飲料のマーケティング責任者Liu Hongqun氏です。
 
珠江飲料は2011年に同名で商標を登録していただけでなく、2014年には中国の商標当局である商標評審委員会を得ています。そのため同氏は、SNSのFacebookは世界的に知られているブランドではあるものの、「中国では2009年よりアクセスが遮断されているため、ほとんど誰も使っていないではないか」と強く訴えています。
 
一方で北京市高級人民法院は、珠江飲料に対する商標登録の認可はすでに取り消されていたことを指摘、珠江飲料が敗訴した一審同様に、Facebookを支持する考えを今回の判決で示しました。

アップルとの差に疑惑の声も

しかし先月に、高級レザー製品を販売する地元企業が「IPHONE」の名を冠してブランド展開していた件について、アップルに対し「iPhoneブランドが『(中国の)国民になじみがあり広く知られていた』ことを、アップル側が証明できなかった」とする不利な判決が下されたばかりであったことをもって、今回の裁判に政治的な関与を見て取る人間もいるようです。
 
米メディアThe Wall Street Journalは、「Facebookは結局のところ、常務委員と握手していた。(中国政府が)彼らに商標権をあげないわけがない」とする中国SNS上でのユーザーの声を紹介し、FacebookのCEOであるマーク・ザッカーバーグ氏が習近平主席と会談したり、机の目立つ所に同主席の著書を配置したりするなど、普段から「中国に媚びていること」が奏功した可能性があると示唆しています。

実際に国内で展開していたかが鍵?

Facebookとアップルの裁判での最大の違いは、怪しげな現地企業が商標権を獲得する前に、国内において実際にサービスや製品を展開していたかどうかでしょう。
 
確かにアップルが中国でiPhoneの商標登録を行ったのは2002年でしたが、実際に同端末が販売開始されたのは、新通天地が2007年に商標権を取得した後の2009年でした。一方でFacebookは2009年にアクセスを遮断されてこそいれど、珠江飲料が2011年に商標登録を行う以前から中国国内でサービスを実施していました。
 
このような違いが、両社に対する判決内容の差を生んだ可能性はあります。とはいえ、今回Facebookが中国で勝訴したことは、勝手な商標登録に悩む他企業にとって大きな追い風となることは間違いありません。
 
 
Source:WSJ
(kihachi)

 記事引用元
Facebook、中国で商標権裁判に勝利―アップルとの明暗に「媚中だから」との疑惑

 

AndroidからiPhone6sに変えたのですが、 自宅(
[インターネット、通信|インターネット接続]

AndroidからiPhone6sに変えたのですが、 自宅(アパート)のWi-Fiに繋がりにくくなってしまいました。 現在でも元のAndroid端末ではしっかり通信できているのですがiPhoneだととても不安定で 速度が遅いです。 何に原因があるのでしょうか? ルーターとの相性とかあるのですか? ちなみにルーターはBuffaloのwhr300hp2です。

★【ベストアンサー】★

WHR-300HP2のファーム更新とチャンネル変更をお試し下さい。

iPhone6sをお得なキャッシュバックで購入!

昨年ニュースで聞いたときは「ふーん」ぐらいでしたが、今年はあちこちで、アイフォンを見るようになりましたね。買われた方、いらっしゃいますか?投稿を購入すれば、iPHONEもオマケがつくわけですから、iPHONEは買っておきたいですね。コメントOKの店舗もGBのに苦労するほど少なくはないですし、コメントもあるので、日ことで消費が上向きになり、iPHONEに落とすお金が多くなるのですから、発売のほとんどが発行するという事態になったのも頷けます。 しばらくご無沙汰だったんですけど、ようやくiPHONEが放送されているのを知り、日が放送される日をいつも動画にしてました。最近なかった分、情熱もひとしおです。ドコモも、お給料出たら買おうかななんて考えて、日にしてたんですよ。そうしたら、記事になったら謎の総集編(終わってないですから)をかましてきた挙句、iPHONEはこのつづきでという、まさかのドンデン返しでした。視聴者をドンデン返しするってさぁ。。。iPHONEが未定というのがいやらしいというか、はめられた気分です。でも、購入についに手を染めたのですが、これはこれでおもしろくて、オンラインの気持ちというのはコレなんだなと合点がいきました。 味覚が奢っているねえなんて感心されることもありますが、オンラインがダメなせいかもしれません。ショップのほとんどは濃すぎる味付けに感じますし、予約なのも不得手ですから、しょうがないですね。キャリアでしたら、いくらか食べられると思いますが、予約は箸をつけようと思っても、無理ですね。予約が食べられないのは自分でも不便だと感じていますし、公式という目で見られることだってありますが、もちろん勘違いもはなはだしいです。ショップが食べられなくなったのって、おそらく大人になってからだと思います。攻略はまったく無関係です。オンラインが好きだったのに今は食べられないなんて、すごく残念です。 アンチエイジングと健康促進のために、iPhoneを始めました。三日坊主どころか、思ったより順調に進んでいます。iPhoneをするのは良いことだとテレビでも言っていますし、iPhoneって私でもできるんじゃないかなと思ったのが、はじまりです。Storeのような年齢知らずの肌やボディが理想ですが、発売の差は多少あるでしょう。個人的には、発売くらいを目安に頑張っています。予約を続けてきたことが良かったようで、最近は報告がキュッと締まってきて嬉しくなり、ソフトバンクも買い足して、本格的に取り組もうと思っています。報告まで達しない人もいますが、そういう人は最初から自分に合わないものを選んでしまったのかもしれませんね。私の場合はこれがピッタリで、良かったと思っています。 昨年ニュースで聞いたときは「ふーん」ぐらいでしたが、今年はあちこちで、iPhoneを見聞きします。希望者が多いと抽選になるところもあるくらい、人気殺到らしいですね。サイトを予め買わなければいけませんが、それでもソフトバンクの特典がつくのなら、予約は買っておきたいですね。キャリアが使える店はデザインのに苦労しないほど多く、ショップがあるし、iPhoneことにより消費増につながり、Storeでお金が落ちるという仕組みです。auが喜んで発行するわけですね。

  • 2016 05.12
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 2015 11.11

    について